ベースカラーとアクセントカラーの割合 女性にモテるメンズファッションコーディネート術

ベースカラー:アクセントカラー=75%〜95%:25%〜5%

これが、ファッションにおけるカラーコーディネートの大前提です。自分に似合う色/似合わない色ということを考えるよりも前にあるべき、基本的な話です。一番大切なことは、配色の割合を考えることです。
ベースカラーとは、黒・紺・チャコールグレー・ベージュ・茶など、皆さんが普段無難だと感じる色です。配色を考える上で基本の色です。
基本の色だけでコーディネートするとどうなるか、想像してみましょう。メリハリがつかず、地味な印象しか残らないでしょう。遊びごころが足りません。
「無難な配色=普通な格好」ではありません。これを誤って理解されている方が多いのが現実です。
一方のアクセントカラーとは、メリハリをつける色を目指します。

これは紫・ピンク・水色や原色も含めて、印象に残る色です。

ちなみに、女性から好感を抱かれやすいアクセントカラーと

そうでないアクセントカラーがあります。


アクセントカラーを自分の好みで判断してしまうことはとても危険です。

例えば、原色好きの方がいます。

とにかく派手な格好をすることがオシャレであると誤解されているケースです。


ぜひオシャレだな〜と思う女性をみたらどんなアクセントカラーを

使っているか注目してみてくださいね!

ベースカラーとアクセントカラーの割合関連ページ

まずはマネてみる
同系色でまとめない

関連サイト

モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション

デートのメンズファッション 合コンのメンズファッション 結婚情報NAVI