シルエットを意識する 女性にモテるメンズファッションコーディネート術

上品に体のラインを見せるシルエット

モテる,メンズファッション

服選びにおいて最も重要な基準が、シルエットを考えることです。

自分に似合う色を知りたがる人は多いですが、

シルエットを気にしている男性はあまりいません。


重要なことですが、一番見落とされやすい服選びの基準なのです。

シルエット次第では着痩せして見せることも可能です。

また、一歩間違えてしまうと着太りして見えてしまうこともあります。


私が定義するシルエットとは、

正面・横姿・後ろ姿を含む全方向からみたときの、

服の上から見える体のカタチです。


上品に見せるファッションでは、

体のラインをダブついて見せないことが基本となります。

つまり、適正なジャストサイズを着ることが大切なのです。

また、服のサイズによってもシルエットが変化します。


例えば、ウエストに対しても太もものサイズが通常よりも

ゆったりデザインされているパンツがあります。

太ももが張っている人が履くとき、

このパンツのシルエットはとてもキレイに見えます。

しかし、太もものサイズが標準の人がこのパンツを履くと、

足周りがダブついてだらしなく見えてしまいます。


したがって、同じMサイズのパンツでも、

着る人の体型と服のデザインによっては、

足が太く見えてしまうこともあるのです。

また、太ももの太さに対してコンプレックスを持っている人でも、

デザイン次第では、足を細く見せられるパンツを選ぶことも可能です。


シルエットを考えるときは、

服に表記されているサイズだけを頼りにしてはいけません。


サイズ表記には記入されていない、

目に見えないサイズが存在するからです。

いいかえれば、デザインによって、

部分的に絞ったアイテムが存在するということです。

関連サイト

モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション

デートのメンズファッション 合コンのメンズファッション 結婚情報NAVI