ジャストサイズの感覚 女性にモテるメンズファッションコーディネート術

適正なジャストサイズの感覚には男女差がある

適正なジャストサイズを再認識することが、モテるシルエットを演出する最初のステップとなります。多くの女性は、体をキレイに見せる「ピタッ」としたサイズを好みます。「ピチッ」や「ピチピチ」ではありません。キツイ服を無理に着るということではありませんので誤解しないでくださいね。

女性と男性が感じるジャストフィットは違う!!

あまり気づかれていませんが、この事実を知っているだけで、ファッションセンスは大幅にアップします。
本来、男性は「動きやすさ」「着心地」を重視しています。結果として、気づかぬうちに、女性に比べると少し緩いフィット感を普段から好んでしまいます。

女性は「いかに体をキレイに見せるか?」を常に考えています。結果として、ピタッっとしたサイズ感覚に行きついたのです。


女性感覚のフィット感をマスターする。

女性がジャストフィットを感じるフィット感と同じ感覚で服を着ると、男性は最初のうち「少しキツイかな?」と感じると思いますが、そのくらいの感覚が上品なシルエットを演出してくれるのです。もちろん、キツすぎて、「ピチッ」としてしまうのはいけません。
男女のフィット感が違うということを認識した上で服を選ぶと、体がキレイに見える服を選べるでしょう。

ジャケットは毎年微妙に変化している

また、求められるシルエットは流行とともに変わるということも忘れないでください。流行とともに変化するシルエットとして、ジャケット丈が挙げられます。
ジャケットの適正丈の長さは毎年微妙に変化しています。この丈の長さによって、足の見え方や全身のバランスが大幅に変わります。
しかし、毎年大幅に変わるものではありません。少しづつ変わるだけなので、複数年単位の中で、

求められているシルエットをしっかりと見につけてください。これで流行にもついていけるようになりますよ!

関連サイト

モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション モテる,メンズファッション

デートのメンズファッション 合コンのメンズファッション 結婚情報NAVI